アール ブリュット と は。 アール・ブリュットとは|ローザンヌ アール・ブリュット・コレクションと日本のアウトサイダー・アート

と は ブリュット アール

コレクションの多くは精神病患者の作品であったが、 狂気=精神病患者という先入観に配慮して「アール・ブリュット 生の芸術 」という言葉が誕生したこと、そして、明確な概念付けを嫌い、通常の文化に影響を受けていない囚人 受刑者 、精神病患者、社会から排除されたものを含めた、「芸術一般」にまで、この語の包含する意味を広げたということが重要な点であろう。

8
と は ブリュット アール

同じカタログの中のエッセイで、服部は、日本のアール・ブリュット現象の最も重要な側面に人々が注目するよう呼びかけている。 フランスの画家ジャン・デュビュッフェ(Jean Dubuffet 1901-1985)によって考案されたことばである。

5
と は ブリュット アール

作品は生き生きとしていて、阿部は日常的な題材に喜びを見出しているように見える。 それまでは「アール・ブリュット」という言葉すら知りませんでした。

と は ブリュット アール

あなたは作品を目の前にした時、何を感じるだろう。

5
と は ブリュット アール

ジャン・デュビュッフェいわく、「われわれが目の当たりにするのは、作者の衝動のみにつきうごかされ、まったく純粋で生の作者によって、あらゆる局面の全体において新たな価値を見いだされた芸術活動なのだ」。 滋賀県にある障がい者のためのアートスタジオ、やまなみ工房のメンバーで作家の鵜飼結一朗のドローイングは欧米で熱狂的な支持を得ている。

17
と は ブリュット アール

アール・ブリュット=障害のある方が描いたアートという概念ではないため、「障害のある方が描いたアート」という枠組みでの展示やイベントではなく、アール・ブリュット(生の芸術)として、精神障害者や囚人、芸術を学んでいない人達の作品という大きな概念での展示であった。 私は、大学の4年間「福祉」について学んできました。 もちろん、芸術表現のほとんどすべての形態は、特定の場所の文化、歴史、考え方に根差しているが、デュビュッフェが指摘したように、アール・ブリュットの最良の例は、多くの場合、よく見かける文化とはほとんど関係のない、独自の世界から生まれた独特な作品であるように見える。

3
と は ブリュット アール

(主催:アル・サン・ピエール美術館、日本側事務局:滋賀県社会福祉事業団()) 滋賀県には、「この子らを世の光に」と障害者福祉に力を尽くされた糸賀一雄氏をはじめとする多くの先人の努力により、先駆的な取組が進められ、福祉施設等における造形活動の中から、多くの作品が生み出されてきた歴史があります。

16