シャーロック ホームズ 小説。 シャーロック・ホームズシリーズのおすすめの順番まとめ

小説 シャーロック ホームズ

翌年に同シリーズで、『最後の挨拶』を、その次が63年で『同・復活』が刊行された。

8
小説 シャーロック ホームズ

Frogwareの発売するホームズもののゲームはあくまで謎解きや事件がメインで、あまりワトスンとホームズの関係に注目しているわけではありません。 初期の短編集だけあって若々しくエネルギッシュな作品が多いですね。 ホームズと教授に扮した二人のが転落するシーンは、『』紙で「これまでテレビでは見たことのない迫力シーン」、『』紙で「史上最高の転落」などと評されている。

12
小説 シャーロック ホームズ

発車の寸前、老神父が変装を解き、ホームズの姿となる。 ワトスンが引き返す途中で振り返ると、ホームズは岩に寄りかかり、腕組みをしながら滝を眺めていた。 内容紹介 ミステリーの原点といえるホームズの全作品(長編4・短編56)を完全収録した決定版。

3
小説 シャーロック ホームズ

ホームズシリーズの面白さがたっぷり詰まった抜群に面白い短編集、というワケです。 だがしかし!! なんでもいいですよ~と言っておきながら、やはり最初はワトソンとホームズの出会いを語る「 緋色の研究」から読むことをおすすめします。 『』 2012年からが制作しているドラマ作品。

16
小説 シャーロック ホームズ

というわけで今回は、私がおすすめする シャーロック・ホームズシリーズの読む順番をご紹介できればと思います。 これらの他にも30話近くが現在、青空文庫で公開されています 上記4作品を読んで、「ホームズ面白い!ハマった!」という人は、ぜひ全集を一から読んでみてくださいね。

20
小説 シャーロック ホームズ

ワトスンは頼みを引き受け、今夜は泊まっていくよう勧める。 物語は基本的に事件の当事者、あるいは捜査に行き詰まった警察がホームズに助けを求め訪ねて来ることで始まる。 四人の署名(長編)• ホームズとワトスンがお互いに強い友情を抱いていることはホームズシリーズのどの作品からも読み取ることができます。

20
小説 シャーロック ホームズ

児童向けの全作品の訳と成人向けの全作品の訳を両方行った初めての訳者である。

1