もみじ 剪定 時期。 もみじの剪定は時期が大切!剪定を失敗しないコツ・病害虫対策も解説

剪定 時期 もみじ

もみじの剪定は、11月下旬ごろから2月ごろにかけておこないます。 オレンジのラインに沿って枝が伸びていきます 葉が急に生い茂ってしまうのは、この枝の全てに葉が展開してくるからです。

14
剪定 時期 もみじ

葉刈りは、その名の通り、葉を刈り取ることです。 幹や太い枝から上に向かって伸びている徒長枝と呼ばれる枝や、樹形を乱すような枝、枯れた枝などをつけ根から切り落とします。 自分で剪定するのが難しかったり、面倒と感じる人は、 業者に依頼するのも一つの手段です。

14
剪定 時期 もみじ

2)もみじの適切な剪定時期は11月〜2月 もみじの適切な剪定時期は 11月〜2月の冬の間です。 • また、日ごろからよく観察し、害虫が寄りつかないように、すっきりともみじを剪定しておきましょう。 日ごろから日当たりと風通しをよくするようにします。

4
剪定 時期 もみじ

高さ3メートル未満:約3,000円前後• 気になる枝などがあっても、その都度剪定してしまっていいわけではないのです。 葉の表面に黄緑色のぶつぶつができる病気です• 病気や害虫の存在についても、さらに詳しい対策方法やコツなどを知るきっ かけにもなりますね。

12
剪定 時期 もみじ

ここでは、時期ごとにもみじの剪定のポイントをみていきましょう。 保水性や排水性がいい用土を使用する 基本的にしだれもみじは温度が穏やかであれば頻繁に水やりを行う必要はありません。

20
剪定 時期 もみじ

害虫 もみじにつきやすい害虫として、カイガラムシ、アブラムシ、カミキリムシなどがあります。

剪定 時期 もみじ

ケガをしないように、道具の取り扱いや服装には十分に気をつけてください。 カイガラムシは成虫になると殻ができて殺虫剤が効かなくなるため、幼虫のうちに駆除することが重要です。

14